読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜からカレーを食べてみよう

天パ眼鏡が食ったり読んだり考えたり

スーパー銭湯の魅力

会社の方達と(自身の入社3週目にして)、お酒を(ほぼ自分だけグビグビ)飲む機会がありいい感じでほろ酔い気分ですが、ブログを書かなければならないため自分の酔った勢いに指の勢いと責任を任せて書かせて頂きます。

銭湯というものを利用したことがあるでしょうか。
時たま広い湯や趣向を凝らした湯に入りたいときに、近隣にホテルがない場合でも比較的良心的な値段で入ることの出来る入浴施設です。

私はその中でも暮らしにガスを利用していないという些細な理由から、近隣のスーパー銭湯をよく利用します。

スーパー銭湯とは入浴だけでなく、食事やマッサージ、散髪も行える家族連れや部活帰りの学生、他に何の娯楽もない人間(私含む)が半日時間を潰せることが出来る理想の施設です。

私は数あるスーパー銭湯の中でも特に「お風呂の王様」グループを利用します。大学時代、そして今住んでいる場所の近くにあるからです。

私の銭湯の入り方として、まず身体を一通り洗ったあとサウナに8分入ります。(多くのスーパー銭湯のサウナは中にテレビがあるので上手に利用します)
その後水風呂とサウナ10分を3セット程繰り返します。

しっかり体がリフレッシュされた後は露天風呂です。種類が沢山ある場合は一箇所につき10分を目安に時おり休憩を挟みながらゆっくりじっくり楽しみます。
もし他の客が誰もいないフィーバーモードならワニさんごっこで童心に返りましょう。童心と引き換えに大切なものが離れていきます。

その後は屋内でジャグジーや電気風呂を楽しむアラカルトタイムです。時間と体力の許す限り普段家では味わえない刺激に溺れます。

ここまで完了したら締めのサウナです。身体中のモヤモヤをぜんぶ落とす勢いで入浴します。

最後に満遍なく身体を洗い、全過程の終了です。お風呂の王様グループでは入浴後に牛乳でなくコップ一杯の黒酢がオススメです。

最後になりますが、銭湯に入浴する際の決まりごとはどれも簡単なことなのできちんと守ります充実した銭湯ライフをお送り下さい。

某公園で絶賛彷徨い中の状態からお送りしました。

ありがとうございました!