読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜からカレーを食べてみよう

天パ眼鏡が食ったり読んだり考えたり

カラオケにおけるアニメソング対策法~曲の観点から検討してみる~

f:id:makige39:20160516174911j:plain

会社の人たちとカラオケに行きましたーヽ(=´▽`=)ノ

まさか行けるとは思っていなかったのでびっくりしたと同時にとても楽しかった次第です。

 

で、私はこの文面から分かる通りカラオケというか歌うことが大好きなんですが。(次歌ってと言われたら嬉々として応じちゃう。むしろ率先してマイク持っちゃうくらい)

一つ大きな問題がありました。

 

「持ち歌のレパートリー」です。

 

私のカラオケのレパートリーの8割以上がアニメソングやそれに類するものです。そんな糞みたいな人間でも、学生時代のコミュニティ(サークルや友人同士)でのカラオケだったら同じような趣味嗜好を持つ者同士が自然と集まっておりますので、もう気兼ねなく何でも曲を入れることが出来ました。

 

しかし自分はもう社会人。しかも初めて会社の人と。

多少どころか大いに考え抜いて選び抜かなければならないものでした。

(多くの新社会人は同期とこの洗礼(腹の探り合い)を済ませているとは思いますが)

 

カラオケでの処世術は別の機会に話すとして、

今回は私の8割の持ち歌である「アニメソング」の中から初対面の相手や、会社の上司の人に対して使えるかもしれない曲やアーティストを分類していきたいと思います。

 

A:アニメの年代別

方法としては、基本的にその場で一番偉い方の年代もしくは一番数が多い年齢層に合った曲を歌うことになります。

利点としては、70年代~80年代の曲は「誰でも知ってる」アニメソングが多いことや盛り上がる曲が比較的多いことが挙げられます。

例えば「宇宙戦艦ヤマト」や「ガッチャマンの歌」なんかは、誰もが知ってる名曲ですし、リメイクも行われているので若年層にも知名度がありますからおススメです。

他にも、世界名作劇場だったりジャンプアニメ(その時代を代表する作品が妥当)でしたらとりあえず受け入れられるでしょう。

欠点としては、あまりに古い曲やメジャーな曲だと余程うまく歌わないかツボを押さえない限り(あえてED曲を歌うとか)盛り上がりに欠けてしまう部分がある点と、自分の中で一番思い入れのある曲(受験の時この曲に励まされた等)は皆が知っているとは限らない点です。

 

まあそもそも今流行っているアニメソングと、懐かしのアニメソングを一括りにしていいのか違和感が残ってしまいますが。

 

B:アニメの放映時間別

アニメの放映時間は朝帯(6時~10時)、夕方帯(16時~20時)、深夜帯(22時~翌3時)頃に大別できます。

 朝帯は今はおジャ魔女プリキュアに代表されるテレビ朝日系列のいわゆる「ニチアサ枠」とフジテレビ系列(ワンピースとか)、カードゲームとコロコロと癒着の激しいテレビ東京系列です。

90年代は少女漫画原作のアニメを放送していた印象があります。

matome.naver.jp

夕方帯は昔はフジテレビ(こち亀GTO)も放送してましたが撤退してしまい、テレ東系・日テレ系・NHK教育三国志状態です。

 

深夜帯は今はどの局も放送してますが(テレビ朝日が弱い印象)、やはり「新世紀エヴァンゲリオン」の残した実績があってこその枠だと思います。

しかしこの深夜帯は、全時間帯の中で番組枠の売買が最も激しいために放送日時や系列局の違い、そもそも放映しない地域格差もある厄介な枠のため、

地方出身者が多い場だと選曲に含まない方が無難です。(そもそも見ていない)

 

もし時間帯で区別するなら、「長期間同枠で放送され続けているいわゆる長寿番組」が鉄板になります。

ただ今回は「アニメソング」ですので、サザエさんのように曲が不変なら良いですが、ワンピースや名探偵コナンのようにクール毎シリーズ毎で曲が変わるような番組だと注意が必要です。もし不安でしたら一番代表曲だと思われる(人間の脳的には一番初めがおススメ「ウィーアー」や「謎」)曲をセレクトしましょう。

 

C:アニメの種類別

一個人の判断でアニメを分類・選曲するのは絶対にやめましょう。

 

D:アニメの知名度別

「今流行りの」とか「一大ムーヴメントを巻き起こした」などの修飾語に惑わされないようにしましょう。

紅白出場曲だとか地上波で何度も流れた実績があったとしてもそれはマヤカシであると深く心に刻み最大級の警戒心を常に持ちながら選曲を行いましょう。

好き好んでμ'sやサンホラを聞く人間は少数派であることを覚えておきましょう。

 

今回は以上です。

明日はアーティストから考えるおススメアニメソングを紹介します。

素敵なカラオケライフを!!